EXYVE CORPORATION
(株)エクシブコーポレーション
住所:大阪府門真市本町43番14号
TEL:06-6900-0123
FAX:06-6900-0088
 
カーセンサー
グーワールド
新着入庫
STAFF BLOG ENTRY
サイト内検索

最近のコメント
バックナンバー
サイト最新情報をRSSリーダーのソフトにて受信できます。


インスタグラム

facebook

記事詳細

新型Eクラス

2013年03月30日




バンコクの街中でベンツを頻繁に見かけることからも分かるように、タイはメルセデス・ベンツにとって重要な市場(販売台数でイギリスを越えている)で、時には、同じ左側通行右ハンドル環境ながら日本やイギリスよりも早く新型が発表されるといえば、この国への同社の力の入れ方が理解できるだろうという。

バンコクモーターショーのプレスカンファレンスでも「私たちはドイツのラグジュアリーカーマーケットのリーダーである」と前置きした上で「顧客のライフスタイルとニーズに合わせたモデルを投入し続ける」と(メルセデス・ベンツ・タイランドの社長兼CEOのアレクサンダー・ポウフラー氏はスピーチしたそうだ。

そんなメルセデス・ベンツ・タイランドのバンコクモーターショーでの目玉は、フェイスリフトした新型『Eクラス』。日本よりも早いタイミングでの公開となったのである。

目玉は日本未発表のディーゼルハイブリッドで、2143ccの4気筒ディーゼルターボは204psの出力と、500Nmという大トルクを発生し、そこに27ps/280Nmのモーターを組み合わせ、170kW(231ps)/780Nmというシステム出力と23.81〜24.39km/リットル(タイでの公表値)の燃費を実現している。価格は「E300 BlueTEC HYBRID Exective」が399万バーツ(約1282万円)、「E300 BlueTEC HYBRID AMG Dynamic」が449万バーツ(約1443万円)だそうだ。

メルセデス・ベンツ・タイランドはこの新型Eクラスを「ASEAN初披露」と位置づけているが、日本人としてはやはりデビューが日本より先だったことに寂しさを感じられずはいられないところだ。しかしそれが、好景気でますます成長しているタイの姿なのだという。

                                                                               

この記事へのコメント

名前
メール
URL
コメント


   画像に表示されている文字を半角英数で入力してください。
   
   

メルセデス・ベンツの事なら信用と実績のエクシブへ。大阪府門真市に創業25年、全国のメルセデスファンに本場ドイツのプレミアムカーをお届けしています。
アフターパーツも充実、ドレスアップから車検・整備まで何でもお問合せください。
Copyright (C) EXYVE CORPORATION. All rights reserved.