EXYVE CORPORATION
(株)エクシブコーポレーション
住所:大阪府門真市本町43番14号
TEL:06-6900-0123
FAX:06-6900-0088
 
カーセンサー
グーワールド
新着入庫
STAFF BLOG ENTRY
サイト内検索

最近のコメント
バックナンバー
サイト最新情報をRSSリーダーのソフトにて受信できます。


インスタグラム

facebook

記事詳細

ウォーターポンプの悲鳴/ベンツG500

2020年04月03日

エンジンを廻すとガシャガシャとエンジンルーム内より異音を発する、W463型ベンツG500の点検です。

ゲレンデは年代によってバリエーションが多く存在し、今回の車両はV8/5リッターのM113型エンジンを搭載したモデル

 

エンジンルームを覗くと、左バンクインテークダクトに飛び散った水の痕跡が伺えます。

 

エンジンを廻すとエンジンファンの回転軸が振れ、ファンベルトが削れてしまっている状態

 

エンジンファンの回転軸プーリー=ウォーターポンプの軸が逝ってしまっている状態で、軸部から漏れ始めた冷却水が飛び散っています。

 

この状態のまま乗り続けると、短時間でファンベルト脱落による走行不能や冷却水漏れによるオーバーヒート等、危険なトラブルに見舞われる一歩手前です。

 

ウォーターポンプ廻りをリフレッシュした後は、DASによるECUチェックも行い無事納車完了です。

UGではベンツ専用診断機である「XENTRY/DAS」を完備し、アメ車のみならずベンツの修理も数多く承っております(2019y度 年間ベンツ修理入庫実績216台)

あらゆるクラスの各種故障診断はもちろん、ECU交換の際に必要なオンラインによるSCNコーディング等、ディーラーレベルの作業が可能です。

また、ディーラーでは行うことの無い、各種コーディング変更等も修理作業にて実施(例:一部の中古部品プログラム変更による同期/SBC作動時間超過に対するリセット処置等/その他TVアクティブ化やデイライト等の各種カスタムコーディング)

ベンツの修理でお悩みの方は、ユーザー様/業者様問わず、お気軽にご連絡お願いします。

この記事へのコメント

名前
メール
URL
コメント


   画像に表示されている文字を半角英数で入力してください。
   
   

メルセデス・ベンツの事なら信用と実績のエクシブへ。大阪府門真市に創業25年、全国のメルセデスファンに本場ドイツのプレミアムカーをお届けしています。
アフターパーツも充実、ドレスアップから車検・整備まで何でもお問合せください。
Copyright (C) EXYVE CORPORATION. All rights reserved.