EXYVE CORPORATION
(株)エクシブコーポレーション
住所:大阪府門真市本町43番14号
TEL:06-6900-0123
FAX:06-6900-0088
 
カーセンサー
グーワールド
新着入庫
STAFF BLOG ENTRY
サイト内検索

最近のコメント
バックナンバー
サイト最新情報をRSSリーダーのソフトにて受信できます。


インスタグラム

facebook

記事詳細

スターターバッテリー回路の不成立/ベンツSL350

2020年03月06日

IMG_0313

チャージランプ(バッテリーマークの警告)が点灯した、R230型ベンツSL350の不具合点検です。

一般的にチャージランプは、オルタネーター等の充電不良が発生した場合に点灯する警告灯で、点灯している場合は=バッテリーの充電制御が正常に行えていない危険な状態

 

IMG_0314

しかし今回お預かりしたSLでは、オルタネーターの発生電圧は基準値内であり正常に作動しています。

 

IMG_0292

DASにて入力されているDTC(故障コード)を確認すると、スターターバッテリー回路に不具合が発生しているのが判明。

 

IMG_0315

SLではR230型よりツインバッテリーになり、電装品制御用のメインバッテリーとは別に、スターターバッテリーがエンジンルーム内に装着されています。

測定していくと、このスターターバッテリーの配線回路が成立していないと判明。

 

IMG_0298

そして助手席の足元を分解すると、スターターバッテリー回路用のヒュージブルリンクが装着されています。

 

IMG_0311

…過大なショートでも起こさない限り、まず切れることは無いと思われる100Aヒュージブルリンク

一般的なヒューズと異なり外部からは判断できませんが、導通測定すると断線状態だった為に交換。

 

IMG_0319

R230型だと既に15年前後は経過している車両なので、劣化によって断線してしまった可能性も…特にこの100Aヒューズが飛ぶようなショート等の不具合は診うけられず、もちろんチャージランプも点くことなく安定した制御確認にて作業終了です。

この記事へのコメント

名前
メール
URL
コメント


   画像に表示されている文字を半角英数で入力してください。
   
   

メルセデス・ベンツの事なら信用と実績のエクシブへ。大阪府門真市に創業25年、全国のメルセデスファンに本場ドイツのプレミアムカーをお届けしています。
アフターパーツも充実、ドレスアップから車検・整備まで何でもお問合せください。
Copyright (C) EXYVE CORPORATION. All rights reserved.