EXYVE CORPORATION
(株)エクシブコーポレーション
住所:大阪府門真市本町43番14号
TEL:06-6900-0123
FAX:06-6900-0088
 
カーセンサー
グーワールド
新着入庫
STAFF BLOG ENTRY
サイト内検索

最近のコメント
バックナンバー
サイト最新情報をRSSリーダーのソフトにて受信できます。


インスタグラム

facebook

記事詳細

ME9.7リビルトユニットによる修理法/ベンツCLS550

2020年03月04日

IMG_0111

チェックエンジン警告が点灯し、突然エンジンが極端に調子悪くなる…というトラブルでご入庫頂いた、W219型ベンツCLS550の作業です。

 

IMG_0112

DASを使用して入力されているDTC(故障コード)を確認すると、O2センサー及びスロットルバルブ等のエラーが同時に入力されています。

 

IMG_0115

一応念のため、O2センサーのシグナル実測やスロットルバルブの点検等を実施しますが…

 

IMG_0114

エラー発生時に同時入力されるコード0450及び0454が存在している場合、

 

IMG_0190

その不調原因の多くは、エンジンを制御しているMEコントロールユニットの内部制御不良の可能性が濃厚です。

M273型エンジンより制御ユニットであるME(マネージメントエンジン)ユニットは2.8から9.7へとバージョンが変更され、エンジン上部にマウントされています。

 

IMG_0189

このME9.7ユニットでは、搭載されている位置関係に影響するのか、様々な症状に対するユニット内部トラブル頻度が高く感じます

最も多いパターンは、冷間時は正常なのに熱をもつとフューエルポンプコントロール出力をしなくなりエンジンがかからない、また電動ファンの動作不良や片バンク全てがミスファイヤー発生等…。

 

IMG_0179

ME9.7ユニットはかなり高額+現在メーカーでは外販禁止部品に指定され、且つ交換する際はもちろんオンラインによるSCN(ソフトウェアキャリブレーションナンバー)コーディングが必要。

正規ディーラーでは新品交換対応となりますが、修理費用を抑える手法としては、例えば現物修理や中古部品の個別化解除&データー転送処置等、様々な選択肢が存在します。

 

IMG_0117

今回のCLSでは、本国より取り寄せた新品基盤をベースにしたリビルトME9.7を使用して、現車のMEよりデーター転送処置による修理法。

 

IMG_0195

現車へ個別化されたリビルトMEを作動させ、DASにて各種基本学習の実行

現在おそらくディーラーでは行なっていない修理内容(リビルトME)ですが、新品部品に比べ大幅に部品価格が抑えられ、且つ中古品ベースで無いので信頼性もより高いと思われます。

 

IMG_0116

この記事へのコメント

名前
メール
URL
コメント


   画像に表示されている文字を半角英数で入力してください。
   
   

メルセデス・ベンツの事なら信用と実績のエクシブへ。大阪府門真市に創業25年、全国のメルセデスファンに本場ドイツのプレミアムカーをお届けしています。
アフターパーツも充実、ドレスアップから車検・整備まで何でもお問合せください。
Copyright (C) EXYVE CORPORATION. All rights reserved.