EXYVE CORPORATION
(株)エクシブコーポレーション
住所:大阪府門真市本町43番14号
TEL:06-6900-0123
FAX:06-6900-0088
 
カーセンサー
グーワールド
新着入庫
STAFF BLOG ENTRY
サイト内検索

最近のコメント
バックナンバー
サイト最新情報をRSSリーダーのソフトにて受信できます。


インスタグラム

facebook

記事詳細

パワーウインドのサーモセーフティ作動 修理入庫

2017年11月25日



修理入庫でお預かりした、W221型のベンツS500です。

不具合内容は、運転席側のパワーウインドが作動せず…。

単にスイッチやモーターとかの不良であれば簡単なのですが、何故かそんな楽には終わらせてくれないのがベンツの故障。

DAS(ベンツ純正診断機)でショートテストを実施するも、パワーウインドに対するDTC(故障コード)は皆無状態。

運転席ドアモジュールにアクセスして、DASにてウインド作動に対し弊害となる実測値等が無いか診断です。

すると、サーモセーフティ機能が作動しているのが判明

これは、例えば連続してモーターを駆動させるとモーターが過熱するので、ユニットがモーター保護のために作動を止める機能。

しかし現車は初めから全くモーター作動しないので、モーターが加熱していることは有り得ません。


さらに診断をすすめた結果、運転席ドアモジュールの内部不良により、常にサーモセーフティが作動して解除できていないものと判明。

ドアモジュール=CANで制御されるECUのひとつなので、交換した際はコーディングが必要

旧型であるW221と言えどもコーディングの際は、メーカーサーバーとのオンラインによるプログラムになるので、旧タイプのDASでは不可能。

最新バージョンであるXENTRYを接続して、SCNコーディングが必要です。(オンラインプログラムであるSCNコーディングは、最新バージョンであるXENTRYが必ず必要です)

ベンツ専用診断機である「XENTRY/DAS」を完備。

各種故障診断はもちろん、ECU交換の際に必要なオンラインによるSCNコーディング等、ディーラーレベルの作業が可能です。

ベンツの修理でお悩みの方は、ユーザー様/業者様問わず、お気軽にご連絡お願いします。


この記事へのコメント

名前
メール
URL
コメント


   画像に表示されている文字を半角英数で入力してください。
   
   

メルセデス・ベンツの事なら信用と実績のエクシブへ。大阪府門真市に創業25年、全国のメルセデスファンに本場ドイツのプレミアムカーをお届けしています。
アフターパーツも充実、ドレスアップから車検・整備まで何でもお問合せください。
Copyright (C) EXYVE CORPORATION. All rights reserved.